自殺

 

 2010年(平成22年)、日本の総自殺者数は31690人で、自殺率(人口10万人あたりの自殺者数)は24.9人。13年連続で3万人を突破している現状です。

 

 年間の死者の2.8%が自殺により死亡しており、なんと癌や心疾患などに次いで6番目に多い死因なのです。2010年の自殺者数は同年の交通事故者数(4863人)の6.51倍になっており、非常に深刻な事態となっています。日本では自殺未遂者は、自殺者の10倍以上いると推計されていて]、自殺者遺族は日本に300万人ほどいると推定されます。諸外国と比べても極めて自殺率が高く、世界で4位となっています。

 

 どのようにすれば自殺をなくすことができるのでしょうか?

以下、自殺の原因について触れておきます。

 統計によると、原因および動機に関しては、2002年のデータでは

「健康問題」が15802人で最も多く、

次いで「経済・生活問題」(7438人)、「家庭問題」(4497人)、

「勤務問題」(2590人) の順となっており、この順番に関しては

年が変わっても変動は一切ありません。

 性差を考えると、自殺の70%が男性という顕著な傾向がみられる。

これは働く性とされる男性に過度な負担がかかっていることが原因と

考えられます。